2019年9月9日

台風15号の影響でJR東千葉駅の駅舎の屋根の一部が飛び、折れ曲がった状態で架線に引っ掛かる


9/9(月)月、台風15号の影響でJR東千葉駅の駅舎の屋根の一部が飛び、折れ曲がった状態で架線に引っ掛かるトラブルが発生しました。

スポンサードリンク

JR総武本線の運転の見通しめど立たず

千葉 JR東千葉駅 駅舎の屋根の一部飛ぶ(NHK)
2019年9月9日 7時45分台風 被害
台風15号の影響で、千葉県千葉市にあるJR東千葉駅の駅舎の屋根の一部が飛んで、折れ曲がった状態で架線に引っ掛かっています。

飛ばされた屋根は、長さ10メートルほどで、折れ曲がった状態で架線に引っ掛かり、風にあおられて上下左右に揺れていました。

JR東日本によりますと、担当者が現場で状況を確認していますが、風が弱まってから復旧作業を行うため、JR総武本線の運転の見通しは立っていないということです

この影響でJR総武本線の運転の見通しは立っていません。
最新の運行状況はJR東日本(運行状況)にてご確認ください。

東千葉駅


この記事はいかがでしたか?

下記のTwitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしていただくと、今後も更新情報を受け取る事ができます。

これからも皆さんにお役に立てる記事、楽しい記事を頑張って書いていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

歯周病インプラントセンター千葉
東松戸総合歯科クリニック

ようこそ!千葉つうしんへ

千葉つうしんは、千葉県千葉市のローカル情報を発信している地域情報ブログ。市内、中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、美浜区を中心とした、普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント