2019年8月23日

幕張メッセは2020年4月~9月施設の大部分で利用が制限、来年のサマーソニック東京も開催中止


幕張メッセは東京オリンピック・パラリンピックの競技が行われるため、2020年4月21日から9月20日までの5ヶ月間は施設の大部分で利用が制限されることがわかりました。

スポンサードリンク

来年のサマーソニック東京も開催中止

幕張メッセ 来年夏は利用制限に(NHK)

イベントホールや国際会議場などを備えた国内最大級の施設、千葉市の幕張メッセは、東京オリンピック・パラリンピックの競技が行われ、長期間、利用が制限されるため、毎年恒例のイベントが中止を余儀なくされるなど影響が広がっています。

千葉市美浜区の幕張メッセは、東京オリンピックではレスリング、フェンシング、テコンドーの3競技、パラリンピックでは車いすフェンシングとテコンドー、ゴールボール、それにシッティングバレーボールの4競技のあわせて7つの競技が開催されます。
この準備や撤去にかかる期間も含めて、幕張メッセは来年4月21日から9月20日までの5か月間は施設の大部分で利用が制限されます。
この影響で、15万人以上が参加する毎年恒例の音楽イベント「サマーソニック東京」が来年の中止を決めたほか、千葉県内の小中学生や高校生がマーチング技術を競う大会は来年どのように開催するかがまだ、決まっていません。
このほか、例年この時期に行われているおよそ300件のイベントなどの主催者が、会場を県外に移すなど対応を迫られているということです。
一方で、国内では愛知県など各地で新たな展示場の建設や拡張計画が相次いでいて、これをきっかけに「幕張メッセ」の利用者離れを懸念する声もあります。
オリンピック・パラリンピックの開催効果で、ブランド力を一段と高め、大会後にイベントの主催者や観客を呼び込むことができるのか、千葉県などの取り組みが注目されます。

例年幕張メッセで行われている「千葉県マーチングコンテスト」と「千葉県小学生バンドフェスティバル」は未だ次回の会場は未定ということです。


この記事はいかがでしたか?

下記のTwitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしていただくと、今後も更新情報を受け取る事ができます。

これからも皆さんにお役に立てる記事、楽しい記事を頑張って書いていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

歯周病インプラントセンター千葉
東松戸総合歯科クリニック

ようこそ!千葉つうしんへ

千葉つうしんは、千葉県千葉市のローカル情報を発信している地域情報ブログ。市内、中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、美浜区を中心とした、普通のメディアでは取り扱わないような地域に根づいたニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などマニアックな情報を扱ってまいります。
ブログ更新通知アカウント